GORDIAN KNOT ゴルディオスの結び目
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アガスティヤ Agastya
聖仙アガスティヤについて



インド神話の系統と日本への関係を、仙人アガスティヤにからめてまとめます。


450px-WLA_lacma_12th_century_Maharishi_Agastya.jpg
The Maharishi (Great Sage) Agastya, 12th century





1.
 聖仙アガスティヤは自ら創造した美しい少女を娶る。彼女は預けられ育った宮殿にあるような豪奢な寝台を望んだ。アガスティヤは裕福なアスラを訪ねる。アスラは弟を調理しては客人にふるまい、復活させ腹を破り殺していた。聖仙は知らずに食べ終え、アスラは弟の名を呼んだ。―「もう消化したよ。」アスラは落胆し求めに応じて財産を与えた。こうして妻の望みに答えアガスティヤは子を儲けることができた。

2.
 悪魔たちが夜な夜なバラモンたちを食い殺し祭式が行われず、世界は活気を失い危機に瀕した。神々は聖仙アガスティヤに海の水を飲み干し、海中に隠れた悪魔たちを暴き出すよう頼む。悪魔討伐のあと神々は感謝し、聖仙に海をもとにもどすよう頼んだ。―「もう消化したよ。」神々は途方にくれた。そして梵天に海の再生を頼むと、神は将来また海が満ちることを予言し、おのおの帰途につくよう神々に告げた。

3.
 イクシュヴァーク王家の王サガラの妻は瓢箪を産み、その種から六万人の息子が生まれた。サガラが馬祭を企てた際に大事な馬が盗まれてしまい、六万の息子たちは探索に出る。やがて地の底で馬と聖者カピラを見つけ、馬を捕らえようとするが、怒った聖者の眼力で焼き尽くされてしまう。王の玄孫バギーラタは苦行により女神ガンガーの心を動かし地上に降下させ、海を水で満たし六万の祖先の魂を清めた。

4.
 アガスティヤの父は神ヴァルナである。あるときヴァルナ・ミトラ両神は天女ウルヴァシーに見とれて精をもらした。それは地上の水甕に落ち、それぞれの神の子アガスティヤとヴァシシュタが生まれた。ヴァルナは秩序と倫理の神だが、やがては単なる水神となっていった。仏教に採り入れられ「水天」となり、神道の天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)と同一視される。天地創造に際し現れた別天津神の一柱。

5.
 江戸時代の国学者たちは古事記巻頭に登場する天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神の三柱を『造化の三神』とし、殊に天之御中主神を東洋・西洋の宇宙創造神と同一視し、普遍的な最高神として位置づけた。然しこの復古神道は、王政復古と結びついた国家神道によって明治の宗教政策から追いやられることになる。この三神をふくめ五柱の別天津神(ことあまつかみ)はいずれも中性の独神である。




varuna on the crocodile 1800 circa
varuna on the crocodile 1800 circa


 ヴァルナと契約の神ミトラは表裏一体とされ、ヴァルナは天則「リタ」の守護者と言われる。リタは宇宙の運行の法則であり道徳の法則でもあるというから、理法と理性と解する事ができよう。 ヴァルナはのちにゾロアスター教の至高神アフラ・マズダーとなり、イスラム教が支配するまでイランで信仰を受ける。ミトラ教は変化しながらローマ帝国に伝わり、キリスト教によって追いやられるまでひろく信仰された。
 デュメジルの三分法によるとヴァルナ・ミトラが祭祀・司法の第一機能、インドラが武力・権力の第二機能、それに加えて双子のアシュヴィン双神が第三機能である生産・技術を司っているという。この二神は長命・安産・安泰を祈願され、のちには神々の医師と見なされた。恋人である太陽の娘スーリヤーを乗せ、鷲ないし馬の牽く三輪の車に乗り空を疾駆する。明るいその印象はアポロやヘルメスを思わせる。
 最初期には「アスラ」とはインドラが属するデーヴァ神族とはべつの特殊な神格を指していたのだが、のちには魔神という性格を付与される。ヴァルナは代表的な太古のアスラ族である。ザラスシュトラの宗教改革においては、デーヴァに由来する「ダエーウァ」が悪魔の列に落とされた。ゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーの「アフラ」はアスラからきている。すなわち正邪がそれぞれ逆になっているのである。




参考:「インド神話」上村勝彦 ちくま学芸文庫


「美と貨幣」展 "Denaro e Bellezza"
8.9-savonarola-predica CUTSavonarola preaches against luxury Ludwig von Langenmante l1854-1922






 昨日はパラッツォ・ストロッツィで開催されている「美と貨幣」展に行ってきた。しっかりしたことを言うにはすこし勉強をしなくてはならないだろう。しかし、この展覧会の監修者が指摘している流れは明らかで、興味深かった。つまり、当時カトリック教会は利息という「貨幣が貨幣を生む」システムを自然に反するものとして禁じていたのだが、当時の銀行家たちは為替の技法を用いて抜け道を見出した。しかし実質的には実業家たちは教会の権威に面して、また信仰の問題からして(地獄に行くかもしれないわけだ)、暴利の罪に対し恐れを抱いたであろう(―むしろ『高利貸し』にとどまらず利子を取ることそのものがいわば『虚業』として否定されていたのだった)。そのことに対して補いをつけながら、同時に名声と社会的ステータスを確保する手段として、宗教的な美術・建築の造営事業が機能したという話である。


『同展のキュレーター、ティム・パークス氏が指摘するように、銀行家は今、「どうすれば金を持ちながら善と見なされるか」というジレンマに陥っている。 イタリアの銀行家、コジモ・デ・メディチ(1389~1464年)はローマ教皇にこの問題を提起し、金貨1万枚をサンマルコ修道院の修復に使うよう助言された。こうして、金融資本は宗教的なものへと姿を変える。メディチによる特定施設への援助は、同様の板挟みに対する現代の解決方法、すなわち慈善事業や大学への寄付、美術館の建設などとさほど変わらない。そして芸術は一種の宗教的資本となり得る。ルネサンス初期の画家、フラ・アンジェリコがサンマルコ修道院の壁に描いたフレスコ画は、いまなお私たちを感動させている。』 SankeiBiz(サンケイビズ)(2011-08-30)


 同展において存在感を示しているのは、短期間フィレンツェに神権政治を敷いた修道士サヴォナローラである。かれこそ勃興するルネサンスの文物を虚栄の罪にあたるものとしてかがり火にくべたのであったが、工芸や商業で力を持っていた当時のフィレンツェにとっては徹底的な否定を意味しただろう。
 もし今日、より素朴な生活への志功が望ましいものだとしても、わたしたちにはこのようなやり方をとることはできない。それにまた、イタリアでは現在でもカトリック教会の倫理観の影響力は、法的にも強いものがある。たとえば離婚をすることがかなり困難で、まず3年間「考えさせ」られるのだという。

 ―それはともかく、いろいろとおもしろいものがあったのだが、たとえば地獄では吝嗇の罪をつぐなうために、貨幣の入った自らの財布で打擲を受けるのだ、という解説があったあとに、どでかいガマグチが展示してあったりする。当時は紙幣がないからあんなに大きいのだろうが。・・・それから、漫画みたいにコマにわけてきれいな色で、ある罪人が絞首刑に合うまでの過程が描かれているのだけれど、まずサイコロで賭け事をしている彼の背中にはちいさな悪魔が浮かんでいる。それから彼は『涜神ノ言辞ヲハイタ』とうような解説と共に、マリア像に何かを投げつけている様子で描かれる。そのあと彼はフィレンツェに連行されて、『ヨル4時』取調べを受けているのだが、覆面をした死刑執行人を天使が手で押して催促をしている。最後は建物の外に吊るされて絞首刑になってしまう。その際にちいさな悪魔は天使につかまっている。・・・サヴォナローラについては当時の焚刑の絵から、19世紀に英雄的に描かれた絵まであって、考えさせるものを含んでいた。パラッツォ・ストロッツィの展覧会は才気・創意のある企画で興味深い。前回は宮廷画家ブロンズィーノの展覧会とならんで、現代の大官貴顕の写真展がセットで「肖像と権力」として企画されていた。



04madonn II
Madonna and Child with two angels and St. John the Baptist.
Sandro Botticelli 1445-1510


年末年始備忘録



年末年始に意外といろいろなことあったので、備忘録としてもちょっと書いておくことにします。





 10AM






元旦


 とりあえず、年越しは朝の10時に「おやすみ」と言って解散したのであった。とてもいい天気だった。スペイン人ふたりとうろうろしたのだったが、うちの近くの広場に来たら酒類のボトルの破片が一面に散乱していて誰もおらず、シュールであった。まだ辺りが暗かったころには私の友達のイタリア人のうちに行ったのだが、いい奴なので意気投合して、見ればスペイン人の女の子は初対面なのに口にキスされている。・・・(もっとも乱痴気騒ぎをしていたのではなくて、単にお酒がかなり入っていたのであって、友人の描いた絵を見てそれについて語ったりしていたのだったが。)

 大晦日にさかのぼると、まず夕方このイタリア人の友人といっしょに、あるユダヤ人の画廊主のところに遊びに行った。そこはもと教会だったらしい建物でかなり広く、一部壁画や装飾が残っている綺麗なところで、ことし早々にオープンするらしい。そのまだガランとしたところで画廊主と友人と、ハンガリー人の女の子がパソコンでロマン・ポランスキーの吸血鬼映画を観ている。ハンガリーは吸血鬼伝説の本場らしいので、画廊主はいろいろ彼女をからかったり尋ねたりしている。・・・直接は訊かなかったのだが、この画廊主はどうも大戦期にドイツから逃げてきたということらしい。すごくエネルギッシュで、ものを語り続ける人だ。

 そこから、友人の友達であるロシア人の女の子とその仲間が年越しのディナーを準備しているところに呼ばれていく。これは今日出掛けに誘われたらしい。そこは綺麗に飾りつけしてあって、ネット回線でロシアのテレビを映写機にかけて見ていた。なんでも、年越しに欠かせないソビエト時代からあるコメディ映画であるということだ。イクラをバターといっしょにクラッカーに載せたものが前菜で、それから中国の小籠包に似たものとサラダ、あとは酸味の効いた魚料理がメインであった。ロシア料理なんて食べたことがないのでおいしくいただく。かれらは葉巻だとかロシア風の長靴だとかをプレゼントし合っている。テレビに映ったクレムリンには雪がなく、これはたいへんな暖冬だということだそうだ。イタリアより数時間早い年越しのお祝いをすませて、私は彼らにいとまごいをして、ひとり今度はあるイタリア人婦人のところのパーティへむかう。

 そこは年齢がずっと上の人々であるにもかかわらず、もっとずっと盛り上がっていた。人数も多かったが結局私は同年代のスペイン人ふたりとほかの日本人の四人でかたまってしまっていた。男のほうのスペイン人は私とは初対面で、この二週間ほど遊びにきているということだ。もっとも、スペイン人といってもかれらは少数民族のバスク人に属するということで、スマートフォンの表示もバスク語だというので見せてもらった。紙のラッパのようなものが配られてみんな鳴らしはじめたのでわたしもどんどん鳴らす。窓からは花火が打ち上げられるのが見えた。それから何人かはタンゴなどを踊りはじめる。しかし年越しのあとは結構早めにみんな一緒に引き上げて行った。そのあとに私はスペイン人たちと連れ合ってクラブやパブに行ったあとで、友人の家に遊びに行ったのだった。 

 そうしていい感じに酔いあがった友人が引き止めるのを遠慮して、三人でてくてく歩いて中心街に戻ってくるうちに日が昇り、フィレンツェの本寺(ドゥモ)がオレンジ色に染まっているのに感嘆する。バーを二軒はしごしたのだが、バスクの彼はビールを朝食にとっていた。彼は料理人で、日本にも行ったことがあって、日本料理が大好きだそうだ。
 二日にはもうイタリア人の友人のほうはアイルランドに出発しているはずだ。彼はアイルランドで東洋美学を学んでいるそうである。






 señor de oscuridad 






 三日

 
 二日のことはすでによく覚えていない。たくさん寝たことは確かだと思う。三日になって、外にいる間にべつのイタリア人の友達から連絡が来たので、そのまま昼食の約束をする。待ち合わせまで時間があるのでネパール人のやっている服飾の店に挨拶しに入る。イタリアではこれから税金が上がるしものも売れないので、ネパールに引き上げるかどうかも検討しているという。
 彼女はそもそもさいしょイタリアに来たときにミラノで詐欺師に大金を巻き上げられて、犯人を見つけるつもりもあって仕方なくこちらに残ることになったという話だ。実際に犯人はつかまって警察に話もきいているというが、お金が戻るような見込みはないらしい。そうしてこちらにいる間にも、ほかの小さな詐欺に何度もあった話をきいた。
 それでいちど大笑いしたのが、彼女の友人の男性の話で、ある知り合いの家に行くと塩がたくさんあったという。どうして塩をそんなに仕入れたのかと聞くと、路上でビデオデッキを購入したところ、あとでよく見たら中身が空っぽで塩がつまっていたのだそうだ。砂でもいいんじゃないかと言ったら、塩は粒がこまかくて音がしないからいいとのこと。

 中国人とイタリア人の共同経営らしいバイキング形式のレストランで食事をする。ここは昼間ははじめて来たが、いつ来ても繁盛している。料金も安目だし、食べ放題はこの際受けがいいのかもしれない。食事を終えてから、前からその友達が言っていた中国人のやっているマッサージに連れて行ってもらう。値段は結構するが、マッサージ自体私は始めてで、最後には風呂にも入れてくれるのでとてもすがすがしい気分になる。けれどマッサージをしてもらう個室はピンクの照明がついていたので、どうも妖しい雰囲気がするようなしないような奇妙な感じがしたのであとで友達に聞いたら、あれはどっちつかずの曖昧さで遊びがあるのだろうということを言っていた。実際マッサージ師は若い女性だが、それについては、まあ女性にも男性にも快適だろうくらいに思っていた。ただし「サービスの範囲を超える行為は固くお断り」というようなことがはっきり注意として書いてある。
 
 そのあと友達の家に行き、彼のガレージでヴィンテージの日本のバイクを見せてもらう。たしか80年代のカワサキと70年代のホンダで、どちらも見事なものだった。それからコーヒーを入れてもらうことになり、いっしょに彼の持っている宮崎駿の「もののけ姫」の吹き替え版を見る。いくらかのセリフが変えられていて勧善懲悪のわかりやすいものになっていたことなどを話す。それから日暮れごろに町まで送ってもらうとちょうど例のスペイン人たちから連絡が来たのでそのまま待ち合わせをする。

 サンタ・クローチェ教会の前で待っていると、まず麻薬の売人が近づいてきて「クサはいるか」というようなことを言うので丁重にことわる。マリファナ程度かと思ったらコカインだそうだ。彼が立ち去ってから教会を眺めていると、こんどはひとり白人の男が走ってきて、そのあとからなにやら叫びながら走ってくる中国人の女性がある。「たすけて~」と言っているので、「どろぼうですか?」と聞くとそうだというので、走って男を追いかける。路上の人がどちらに曲がったか教えてくれるのでそのまま走ると、なぜだかある時点で犯人と中国人女性ふたりがすこし後方にいる。ほかにも通りがかりの人が何人かいたように思う。そこで彼らのところに行くと、犯人は盗んだパソコンを返していて、中国人はイタリア語の罵声を浴びせて犯人を立ち去らせていた。そのまま挨拶をして別れようとすると、お店で何か飲んでいかないかというのでついていくとそこは彼らの経営する飲食品店だった。お店にもちこんでいる小型ノートパソコンを脅し取られたようだ。牽制のためだけでもカメラをつけたほうがいいよとアドバイスをする。たぶん新し目の店なんだろう。あとでほかで聞いたらそのへんでは知られた泥棒で麻薬常習者だということで、最近刑務所から出てきたところらしい。危ないから近所でその話はしないほうがいいと言われた。それにほかの人に言われたのは、刃物などを持っているかもしれないから危ないので歯向かわないほうがいいということだった。その人はボクシングをやっているがそれでも抵抗はしないようにしていると話していた。



 
 そんなこんなでしたが、お正月の深夜・早朝徘徊は楽しかったです。その後もスペイン人たちと遊んで、帰りには空港まで送って行きましたが、こんどはこちらから訪問してやろうかとも思います。スペイン人の料理人は無料で料理教室なんかもやってくれましたが、いま失職中なのは、働いていたレストランのオーナーがなんでも53もの銀行を襲った銀行強盗であったそうで、逮捕されたので払いがなくなって、解雇の手続きもしていないため失業手当も出ない状態だそうです。・・・上司が銀行強盗というのはちょっと読めませんよね。




 
個展 Mostra personale
sajivolume





 はじめての個展をひらくことができました。

 フィレンツェのサント・スピリト広場に最近できたお洒落なバー、「VOLUME」(ヴォルーメ)で5日から15日までですので、フィレンツェに滞在している方はどうぞ。場所そのものがよいです。以前には木で帽子の型をつくっていた工房があった場所なので、そのときのオブジェクトが残っていて、入り口にはヤスリなどの道具がガラスのケースに入って保存されている。古い伝統への尊敬があるということですが、バーそのものはアンティーク調でもとても洗練されています。

 オープニングには地区長の方も来てくださり、チラシの裏に『人は誰しもパンなしで3日生きることができる。しかし誰も詩なしには一日も生きることができない。』というある詩人の言葉を引用してメッセージを書いてくれました。この詩という言葉は象徴的な意味なのでしょう。どちらかというと、反対の意味のことを考えてしまうのですが・・。それだけにありがたみがありました。
 
 
 
  
 




nature.jpg


 福島原発についての提言(動画)




 ・孫正義氏 田原 総一朗×孫 正義 対談 ~東日本大震災について~ / 抜粋
 ・大前研一氏 3/19   3/27   3/13
 ・小出裕章助教(京大原子炉実験所)
   インタビュー 4/10    3/31     4/1/(抜粋)
   講演【原子力の専門家が原発に反対するわけ】3/20


 ・ジャーナリスト岩上安身氏による諸会見生中継スケジュール





被災者・避難者受入先などまとめ


YAHOO!JAPANトップページ
(被災地・避難・受入・支援情報まとめあり〔3月24日現在〕)





被災者受け入れ先リスト
(おむすびネットワーク)


計画停電と鉄道運行状況がわかるサイトまとめ
(マイコミジャーナル)


OKWave 被災地での炊き出し・物資情報共有のための専用Q&Aページ
(Twitter連動Q&A方式および物資情報まとめ)





避難所受入情報
(以下3月17日最終更新。上のほうのサイトにとばれることを薦めます)


山形県



山形県の情報まとめ
(YAHOO!ブログ)

リアルタイムTwitterまとめ
(TOPSY)




新潟県



新潟県HPより

被災地から避難される方の受入をしています

 新潟県災害対策本部では、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で被災された方々の受入を行っています。
 手順は以下のとおりとなりますので、お知らせいたします。

① 相談所は、国道49号線近くの旧阿賀野市立大和小学校(阿賀野市小浮2443)に設置しておりまので、被災された方は相談所においでください。

② 相談所において、健康に関する不安や、今後の生活等についてのご相談をお受けしております。

③ 受入先についてのご相談も、相談所にてお受けいたします。

【本件についてのお問い合わせ先】
新潟県災害対策本部
 被災者救援部住宅確保対策班
       tel 025-282-1747
         025-282-1748
         025-282-1749



茨城県




北茨城市


茨城新聞ホームページより

「市は隣接するいわき市南部から自主的に避難する市民について、受け入れを表明。同市関本町の関本多目的研修集会所には14日からいわき市民が避難し始めた。」
「受け付け時にサーベーメーターで汚染の有無を一応検査した上で、避難所に案内している。」


北茨城市役所 関本町公民館・関本多目的集会所
〒319-1721
茨城県北茨城市関本町関本上592-4
0293-46-5976
GoogleMapより)




栃木県




栃木県公式ホームページ
より


栃木県では、福島県の原子力発電所事故から避難される方に、健康相談の実施、一時避難施設の紹介などを行います。

総合相談窓口を設置する場所

・各道の駅の敷地内を借りて県が実施しますので、直接、道の駅へは連絡をなさらないようご協力をお願いします。
・ご相談には24時間対応いたします。


道の駅「那須高原友愛の森」内
総合相談窓口
相談窓口専用電話
0287-78-3033
栃木県那須郡那須町大字高久乙593-8


道の駅「東山道伊王野」内
総合相談窓口
相談窓口専用電話
0287-75-2110
栃木県那須郡那須町大字伊王野459







群馬県




高崎市が760人受け入れ(産経ニュース)

2011.3.16 17:35

 群馬県高崎市は16日、東日本大震災の被災者や福島原発事故による避難者を高齢者向け施設や市営住宅などで計760人受け入れると発表、受け付けを始めた。市営住宅は住宅を失った人が対象。問い合わせは同市市民生活課、電話027(321)1227。








2011年3月16日(水)13:00

被災者の宿泊受け入れ 群馬・みなかみ

 水上温泉郷で知られる群馬県みなかみ町は15日、宿泊施設と共同で、東日本大震災の被災者を無償で「3万人泊分」受け入れると発表した。1人30日間宿泊する場合、1泊3食付きで1000人分となる。

 町によると、宿泊施設に被災者1人あたり3000円を補助する。それ以外の経費は施設側に委ねる。町は補助費用などに必要な1億円の補正予算を組み、県を通じ受け入れを希望する被災自治体を募る。


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110316k0000m040027000c.html
情報源・毎日新聞社 毎日JP

みなかみ町公式ホームページ 役場・支所 連絡先

http://www.town.minakami.gunma.jp/facilities/welfare.html







埼玉県



2011年3月17日
読売新聞YOMIURI ONLINEより

埼玉県は16日、各市町村に、避難所を確保するよう緊急要請を行う一方、さいたま市のさいたまスーパーアリーナに一時避難所を設置した。最大5000人の収容が可能。市と東京電力が協力し、24時間態勢で対応する。31日までとしているが、イベントが延期・キャンセルになった場合には延長も検討している。

(以下 埼玉県ホームページより)

0. 受入期間 本日(平成23年3月16日)から3月31日(木曜日)まで
0. 開始日時 本日午後8時
0. 受付場所 さいたまスーパーアリーナ2階 Bゲート前(JRさいたま新都心駅から徒歩2分)
0. 受入予定人数 5,000人
0. その他 毛布を提供します。食事は各自で対応をお願いします。

お問い合わせ先

都市整備部 都市整備政策課
Tel:048-830-5655 048-830-5682

電話の混雑が予想されます。対象者以外のお問い合わせをお控えください。
ご協力をお願いいたします。



608310bb.jpg





 バラク・オバマ大統領

『我々の文化、言語、宗教に違いはあっても、究極的に人類は一つです。それはニュージーランド、ハイチ、日本のどこであれ、天災に見舞われたとき、だれもが家族を思い「愛する人を失ったらどう思うだろうか」と心をはせるからです。私はハワイで育ち日本の文化にとても慣れ親しんでいるということもあって、それだけに身につまされて心配しています。しかし日本人は実に見識と才覚が豊かだし、日本は実に強力な経済と最先端技術を誇る経済大国ですから、確実に復興すると私は確信しています。それに日本は自然災害への対応にも経験豊富です。これまでも危機を乗り越えて来たし、これからもそうでしょう。日本は必ず、前より強くなって立ち直る。それに私たちが協力できればと思います』
 
 http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20110312-01.html



李登輝台湾元総統

日本観測史上最大の「東北・太平洋沖地震」の発生をテレビで知りました。  津波で押し流された家や車、そして、火災、家に戻れない方々。亡くなった方もおられます。負傷者もおられます。次々報道される災害状況を見て、1999 年9月21日、台湾で起きた大地震を思い出すと同時に、現在の日本の皆様の不安や焦り、悲しみなどを思い、私は刃物で切り裂かれるような心の痛みを感じております。  人間には力の及ばない大自然の猛威を前に、畏敬の念は抱いても、決して「運命だ!」とあきらめないでください! 元気を出してください! 自信と勇気を奮い起こしてください!  今は、一刻も早く地震の余波が収まることと復旧を、遠い台湾の空の下でお祈りしております。
                                        2011年3月11日午後8時

http://ritouki-aichi.sblo.jp/article/43820576.html







日本代表DF長友佑都が所属するインテルのHP

「日本人の勇気、そして団結力は素晴らしいものです。インテルは、日本で厳しい状況に直面している人々に対し、励ましの言葉を送ります。日本人が示してくれた力強さ、そして、その大いなる知恵でこの困難な局面を乗り切ってくれるものと信じています。」

http://www.inter.it/aas/news/reader?N=36019&L=en



F1ドライバー ミハエル・シューマッハー

「僕たちは日本の人々に起こった恐ろしい出来事すべてにショックを受けています。これほどの損害と苦難に直面するとはどれほど恐ろしいことか……」
「被災された皆さんにとっては小さなことになってしまうかもしれないが、僕が皆さんのために深く悲しんでいることを知ってほしい。僕はすべての家族を失った皆さん、友人を失った皆さんのことを思い、皆さんがこの大災害から立ち直ることができるよう祈っています」

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=32423



ブライアン・メイ (クィーン)

「僕や僕の家族から…愛を送る。そして、みんなのために祈っている。みんなが早く生活を立て直すことができるよう、祈っている。そしていつか、この惨劇を遠い過去の出来事にできますように」

http://music.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=532848



オノ・ヨーコ:
日本の友人や家族のみんなに愛を送り、あなたのために祈っています。私たちはあなたの側にいます。出来る限り助け合いましょう。愛を込めて、ヨーコ。

ショーン・レノン:
日本のために祈ろう。

レオナルド・ディカプリオ:
日本の皆さんのことを思っています。この悲劇的な出来事から復興する上で幸運を願っています。

レニー・クラヴィッツ:
この激しい状況において、日本の皆さんにお見舞い申し上げます。特に愛する人を亡くした皆さんのために。謹んで、レニー。

マライア・キャリー:
日本の皆さんに愛とお祈りをお送りします。この悲劇的な状況から復興しようとしている皆さんのことを想っています。神のご加護を、アイシテマス。

ジェニファー・ロペス:
愛を送ります!日本の人々のために、みんなで黙祷しましょう。神様が彼らに希望と勇気、強さを与えてくださいますように。

シンディ・ローパー:
日本は日の昇る国。自分たちを信じて立ち上がりましょう。ガンバッテ!

エドワード・ノートン:
1990年に大阪で暮らし、そこにたくさんの友人がいます。日本の同胞たちに愛と支援の気持ちを送りたいと思います。頑張って!

ケビン・スペイシー:
私の思いと祈りは日本の人々に向けられています。亡くなられた方々と助けを必要としている人々に祝福のあらんことを。


http://www.mtvjapan.com/news/think/18892など


地震発生後、Twitterで投稿された心に残るつぶやき

http://prayforjapan.jp/tweet.html



Copyright © 2005 GORDIAN KNOT ゴルディオスの結び目. all rights reserved.

BlogItalia.it - La directory italiana dei blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。